京都  細見美術館

先日、京都の細見美術館で行われている
『若冲と江戸絵画の世界』を見てきましたょ~( ̄皿 ̄)♪



建物外観は普通なので~(^_^;




と、言うのも!!
最近すっかり江戸時代の画家、伊藤若冲(いとうじゃくちゅう)にハマってしまって!!

…ただし、彼の鳥獣画限定!(* ̄▽ ̄*)

専門的なことを言えば、技法がどうとか表現がどうとか
いうことになるのかもしれないけれどどどどどどどどどどどどど

わたしからすると、描かれている(やっぱここ笑)の種類の多さにびっくり!!
今回の展示作品の中の屏風(追記・花鳥図押絵貼屏風)には
カワセミ、オシドリ、カラス(たぶん)が描かれていたり
また他の作品も表情がちょと漫画チックだったりして面白い(≧▽≦)

ただ、その屏風のカワちゃんが最初どこにいるのか分からなくて(ォィ
もう一度、目を凝らして見てみたらいたー!!
けどカワちゃんの顔コワヒィ(T▽T)
(オシドリは見たまんま可愛い)
う~ん、若冲の目にはカワちゃんはこんな風に映っているのか~(爆)

展示以外の作品も知りたいので、画像が載ってる関連本も何冊か買ってみましたょ。
そしたらいるわいるわ!!(笑)
でも、鳥の名前まで表記されてるのはカワセミ、オシドリ、ウグイス、あたりのみ。
あとは小禽(小鳥)で済まされているので
はっきりした名前は分からないですょー(^_^;

それでも!!わたしが見ていてこれは…!?と思ったのは
シジュウカラ、ノゴマ、バン、イカルいやシメかな、オオルリ、コムクドリ、ジョウビタキ男子、
さらにはヤツガシラみたいのもおるしー!!!
そしてコサギちゃんらしきのも!!

…ということは~もしかしたらアオさま(アオサギ)もどこかに
描かれているのかなあ。。。若冲の描いたアオさま見てみたいのだっ(≧▽≦)
う~む、でもこの時代にはアオさまはまだ本州にはおらんかったのかな。(ぇ
な~んて思いを巡らしながら絵を見るのもまた楽し♪ってところ(笑)


この『若冲と江戸絵画の世界』は3月13日(日)まで。
若冲だけでなく他のかたの作品もありますょん♪




2011-03-05 : 拝観・観光 : コメント : 10 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
うううううううううう
うわさにきいた鳥獣画を見たんですね。
マッキーももちろんとり狙いでv-10
こさぎちゃんはいたのにあお様はいなかったのですね><
マッキーの家のお茶の缶にもコサギが書かれていました。
ぴゆさんには申し訳ないですがマッキーの恋人の
こさぎちゃんのほうがモデルになるのですよ。
2011-03-05 19:19 : macky16 URL : 編集
No title
やはり鳥をメインに見てしまうのですね(^^;

昔の絵師もメジロとウグイス間違ったりしてるので、アオさまも何かと間違えられてる可能性も有るかもしれませんね。
2011-03-05 20:19 : ひろ URL : 編集
No title
こんばんはー

美術館巡りの趣味もあったのか~などと感心していたら。。。
やっぱり鳥さんでしたか~(⌒⌒;;)
鳥羽僧正の鳥獣戯画とは別物ですよね?
いろんな鳥さんが描かれてるんですね~
鳥さんの絵のみ集めた展覧会やったらちょっと行ってみたいのですが。
2011-03-06 17:27 : あき URL : 編集
No title
ぴゆちゃん
すごいですね。鳥獣画にも目をつけている。観察力の鋭さに、脱帽です。あ、はじめから帽子かぶってないか・・・笑
でも、きっとそんな昔は、ニホンオオカミだっていただろうし、トキだって、コウノトリだって、うじゃうじゃ空を舞っていたでしょうね。鳥類憐れみですからねー。
ぴゆちゃんは、バックトゥーザフューチャーみたいに、そのころへ飛んでいったら楽しいかもねー。笑 でもいい趣味ですよ。うんうん。
2011-03-08 00:18 : isshy URL : 編集
お早うございます。
若冲を見に行かれましたか!!

若冲も贋作が多いですね。本物を見に行かれるのは大変良いことです。

この時代の和名は、まだまだ確定されていないものが多いので、そういう知識をもって見ると面白いです。
2011-03-08 08:11 : MG URL : 編集
>macky16 さんへ♪
うううううううううう
それが~白い冠羽があったので、すわコサギちゃん!!と思ったのですが
目を皿にしてよーく見たら、(何しろ本に載ってる作品の分なので小さい)
どうも足指は黄色くないんですよね。
と、いうことは絵に良くありがちな、いわゆるシラサギ状態のようです。(^_^;
絵なので判別もなかなか難しいですね。でも、これかな?と思ったときは
めちゃ楽しいです(≧▽≦)

2011-03-10 00:24 : ぴゆ@管理人 URL : 編集
>ひろさんへ♪
はい(≧▽≦)それはもちろん♪

今、じっくり見てるのは関連本に載ってる作品なのですが
アオさまあたりになると、鶴と間違われてる可能性は…無いデスよね(;^_^A アセアセ…

2011-03-10 00:28 : ぴゆ@管理人 URL : 編集
>あきさんへ♪
こにちは~。
そうです。もちろん鳥です(* ̄▽ ̄*)うは♪

鳥獣図と書いたのは、他に植物人物等もあるのですが
そちらにはわたしは興味ないので~~(ォィ
鳥獣図としました。が、絵自体のタイトルにつくのは
樹花鳥獣図屏風というものになるかと思います。
検索する↑と画像もたくさん出てきますょ~。
鳥獣戯画も面白いですよね♪あれはわたしも好きです(^-^)

2011-03-10 15:01 : ぴゆ@管理人 URL : 編集
>isshyさんへ♪
うはは(≧▽≦)いいですねーそれ!
デロリアンに野鳥図鑑いっぱい乗せないといけませんケド(笑)
きっと今とでは同じ京都でも、野鳥の顔ぶれも全然違うのでしょうね♪
しかし、もともと鳥は好きでしたが
今のように野鳥を撮ってなかったら若冲にハマらなかったかもしれません。
どこでどう変わるものか分からないものですね(^-^)

2011-03-10 15:13 : ぴゆ@管理人 URL : 編集
>MG さんへ♪
オットに、何を今頃。。。と言われています(* ̄▽ ̄*)
というのも以前オットは、若冲の植物図の絵葉書を持っていたらしいのですが
鳥では無かったのでわたしも特に気にもせず(爆)(爆)

あ。そうなんですね!
和名はまだ確定されてない時代なんですね(;^_^A アセアセ…
あれからさらに、ハッカチョウとヘキチョウみたいのも発見しました(笑)
でもオットにクチバシの色ちゃうやんと却下されてます(爆)
両方とも江戸時代より輸入なので時期的には合ってるはず?!(* ̄▽ ̄*)

今回の展示は人も少なくゆっくり見れましたが
人気の作品展示ともなると、やはりすごい混みようなのでしょうね。

2011-03-10 15:45 : ぴゆ@管理人 URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

堀江ぴゆ

Author:堀江ぴゆ
単なる鳥好きな
ちょこっとバーダー、略して
『ちょこバー♪』
けっして、へなちょこバーダーの
略ではありません。たぶん。。。

鳥が好きというそれだけで
撮ってきたので、カメラのことは
ほとんど分かってません(ォィ
堂々と言うなー(笑)
トリミングはバシバシしてますょ。
( ̄皿 ̄)♪

…『ちょこドラ♪』習ってます。
早くも5年目!?上達してるのだろうか~(ォィ爆)

以前はLOVELOGにおりました。
過去記事をご覧になりたいかたは
http://piyu-kyu.seesaa.net/
へどうぞ♪

このブログ上に掲載されている画像の著作権は管理人・堀江ぴゆにあります。無断転載・使用はご遠慮ください。

カテゴリ

ようこそぴゆっきへ♪

検索フォーム

QRコード

QR